WiMAXをこれまで運用して来てみて・・・

私は2014年8月1日からWiMAXを運用しています。
実際にこれまでWiMAXを運用して来て、その上でのレビューをご紹介したいと思います。



ちなみに、私が契約運用しているプロバイダーは、UQ WiMAXです。
そして、運用しているWiMAX端末はWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。



HWD15



UQ WiMAXの料金プランなど、契約に関する詳細情報はUQ WiMAXの公式サイトをご覧下さい。



UQ WiMAXの公式サイトはこちら
UQ WiMAX

WiMAXなら、たっぷり使える!

WiMAXと言えば、速度制限の規制が緩いモバイルインターネットサービスと言う点で有名です。
ギガ放題プランで契約を行う事で、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において、月間のデータ通信量による速度制限はありません。



他社モバイルインターネットサービスの場合、3日間で1GB以上の通信を行うと、速度制限の対象となります。
一方、WiMAX 2+の場合はどうなのかと言うと、3日間で3GB以上の通信を行った場合に、速度制限の対象となる事があります。(から)
2GB分も通信量が多いですから、たっぷりとインターネットが楽しめます。



たっぷりとインターネットを出来る



もし、他のモバイルインターネットサービスを利用していたのだとすれば、たった3日で速度制限にかかってしまいます。
速度制限の解除には追加料金が必要な為、結局、従量課金制と同じ事になっていたでしょう。



あっと言う間に速度制限に!



そう考えると、たっぷりとインターネットが楽しめるWiMAXの存在は、とてもありがたいです。

WiMAXの通信エリアの広さは?

WiMAXの口コミを読んでいると、繋がらないと言う口コミが多いです。
ですが、実はこれ、投稿日が非常に古いものが多いです。



WiMAXの基地局の数は、日々、増えています。
auの基地局に併設したり、ツーカーの跡地を利用したりしていますから、急速な早さでWiMAXの基地局の数は増えています。
ですから、以前は繋がりにくいと言われていたWiMAXですが、今は、結構繋がるエリアが増えています。



WiMAXが以前よりも繋がりやすく



実際、私もWiMAXの基地局が増えている事を実感します。
バスに乗ってWiMAXを使用していると、以前は通信が途切れていた区間も、今は普通に繋がるようになっています。
市街地しかWiMAXが繋がらないと言う状態から、今は、多少外れにある地域でも、WiMAXが繋がるようになりました。

WiMAX端末のクレードルが大活躍!

冒頭でご紹介しましたが、私はWi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15を愛用しています。
WiMAXの契約時にクレードルセットの方を選択しましたので、クレードルも付いています。



HWD15のクレードルセット



私はWindows8.1のパソコンを使用しているのですが、WiMAXを使い始めた初日から、WiMAXの通信が途中で途切れる症状に悩まされていました。
WiMAXが不良品なのかと思い色々調べていたのですが、どうも、原因はWiMAXでは無く、Windows8.1の方にあるそうです。
Windows8.1は、Wi-Fi通信時にインターネットに繋がらなくなると言うエラーがあるみたいなのです。



そして、この症状を回避する方法が、クレードルを使って有線通信を行うと言う方法なのです。
クレードルの裏側にLANケーブルを挿し込む事が出来るのですが、そうやって有線通信を行う事で、通信の中断は起こらなくなります。



WiMAXを有線通信で



ですから、私は今、クレードルを使って有線通信でインターネットを行っています。
クレードルが無かったら、今だにインターネットの中断症状に悩まされていただろうなと思います。



これからWiMAXの契約を行う予定の方は、クレードルセットのWiMAX端末を購入する事をお勧めします。
クレードルセットのWiMAX端末の価格に関しては、UQ WiMAXの公式サイトにてご確認下さい。



UQ WiMAXの公式サイトはこちら
公式HPはこちら